Special Forces

【U.S. Special Operations Command】

米国特殊作戦司令部(USSOCOM)は米国の統合軍の一つであり、陸軍、海軍、空軍、海兵隊の特殊作戦部隊を統合指揮している。各地で起こる低烈度紛争(Low Intensity Conflict)に迅速に対応するため1987年4月16日、米国防省内部に設置された機関である

【U.S. Army Special Operations Command 】

陸軍特殊作戦軍団は、USSOCOMの陸軍部門であり、部隊編成は第75レンジャー連隊、第160特殊作戦航空連隊、グリーン・ベレー、陸軍民事・ 心理戦コマンド、第1特殊戦部隊、特殊作戦支援コマンド、特殊作戦化学物質偵察分遣隊、JFK特殊作戦センターから編成されている。USASOCは 1989年に結成され、中将を指揮官として常時5000人にのぼる隊員から成り立っていて世界各国に派遣されている。……Read more

【Naval Special Warfare Command】

海軍特殊戦コマンドは、USSOCOMの海軍部門であり、部隊編成は海軍第1特殊戦グループ(SEAL Team 1,3,5,7)、海軍第2特殊戦グループ(SEAL Team 2,4,8,10)、海軍第3特殊戦グループ(特殊艇隊、etc…)、海軍第4特殊戦グループ(輸送隊、etc…)、海軍特殊戦センターから編成 されている。NSWは1987年4月16日に結成され、海軍小将を指揮官として常時5000人の総現役職員に2.200人のSEALs隊員、それに600 人にのぼるサポート隊員から成り立っていて世界各国に派遣されている。……Read more

【Air Force Special Operations Command】

空軍特殊戦コマンド(AFSOC)は、USSOCOMの海軍部門であり、部隊編成は第16特殊戦航空団、第352特殊戦航空群、第353特殊戦航空群、第 720特殊戦術群、第18飛行試験隊、第919特殊作戦航空団、第193特殊作戦航空団から編成されている。AFSOCは1990年5月22日に結成さ れ、常時1万2500人の隊員から成り立っていて世界各国に展開している。……Read more

 【160th Special Operations Aviation Regiment】

USSOCOMの傘下にある第160特殊作戦航空連隊は陸軍特殊部隊のサポートを目的に編成された部隊である。通称”ナイト・ストーカーズ”『夜の追跡者』とも呼ばれ夜間飛行はもちろん、潜入と回収・偵察・救難など、専門技能を有している。160th SOARは3(4つ)つの大隊で構成されており第1大隊と第2大隊はケンタッキー州のフォート・キャンベルに本部を置き第3大隊はハンター陸軍空港基地に部隊を置いている。第4大隊は支援部隊で、フォート・キャンベルに本部を置いている。……Read more

 【82nd Airborne Division】

第82空挺師団は1917年8月25日ジョージア州・キャンプ・ゴードンに本拠地をおきその後ノースカロライナ州・フォート・ブラックに本部を移し現在に至る、師団司令部、3個のパラシュート大隊、支援部隊で編成され、師団司令部が作戦立案、指令を下し、パラシュート大隊が敵地の空港、港湾などをまず占拠する、それを迫撃砲、対戦車ミサイルなどの重火器を備えた支援部隊がサポートする。

【Marine Force Recon】

USSOCOMに属さないアメリカ合衆国海兵隊偵察部隊マリーンフォースリコン(レコン、リーコンとも・・・)はアメリカ軍の特殊部隊の中では軽んじられている存在だが他の特殊部隊同様のレベルを誇り、与えられている装備・銃器類などもUSSOCOMに属している特殊部隊にも劣らない装備を与えられている。(2006年にUSSOCOM:米国特殊作戦司令部の傘下に編入)

 【U.S. Army Special Forces】

アメリカ陸軍特殊作戦コマンド US Army Special Operations Command (USASOC)の管轄下にあるU.S. Army Special Forces(通称:グリーンベレー)はアメリカ陸軍所属の特殊部隊であり、主な任務は不正規戦、特殊偵察、国内防衛、その他に軍事顧問として送られ友好国の軍隊や親米派の軍事組織に対し戦術訓練なども施す。現在、アメリカ陸軍特殊部隊としては5個の現役グループ、2個の州兵グループ、1個の訓練グループが存在している。

【1st Special Forces Operational Detachment Delta】

1970年代から国際テロが多発したことを受け1977年代に1st Special Forces Operational Detachment-Delta (1st SFOD-D)通称:ザ・ユニットが編成されました。デルタ・フォース、ザ・ユニット呼称は色々あるが、すべて非公式、内部には戦闘適応群の略 称”CAG”(Combat Applications Group)と呼ぶ者もいる。……Read more

【75th Ranger Regiment】

第75レンジャー連隊は3つのレンジヤー大隊で構成される陸軍の最高の軽歩兵部隊で、ジョージァ州フォート・ベニング(Fort Benning)に本部を置く。レンジャー連隊は他の特殊部隊(デルタ・160特殊作戦航空連隊)などとの連携をとっており戦地での作戦などに他の特殊部 隊などの支援を行ったり援護をもらったりと連携をとっていて、有名な映画、『ブラック・ホーク・ダウン』などで、デルタと共に作戦に参加していたのがレン ジャー連隊だ。……Read more

【SEALs : Naval Special Warfare Group】

 海軍特殊戦コマンドに属しているアメリカ海軍特殊部隊SEALsは1962ジョン・F・ケネディ大統領によって創設され、ベトナム戦争が本格的に始まる2年も前には軍事顧問団として南ベトナム海軍を訓練している。本格的にベトナム戦争が始まるとSEALsチームはメコン・デルタ地帯に派遣された、そこでは偵察や破壊工作、強襲任務などを行っている。

 【SASR : Special Air Service Regiment】

オーストラリアの特殊空挺部隊 ”SASR”(Special Air Service Regiment)はイギリス軍特殊空挺部隊”SAS”とのつながりが深くSASを見本に作り上げて来と言ってもいいだろう。SASRの歴史は以外に古く第二次世界大戦中には結成され日本軍と戦った歴史を持つ。

 【TAG:Tactical Assault Group】

オーストラリア特殊部隊SASRから誕生したTAG(Tactical Assault Group)は1978に結成された対テロ特殊部隊である。SASRは地域紛争などに対応しているが、このTAGは国内で起こりうるテロ活動に対応するための部隊で、市街戦や航空機突入などの訓練を行っている。またこのTAGから分かれて誕生したのがOAT(Offshore Assault Team)と呼ばれ洋上の船舶の臨検や、シージャックされた船舶の奪回任務などを担当している。

【COMMANDOS MARINE】

フランス海軍特殊部隊“海軍コマンドー”はアメリカSOCOMなどの特殊作戦統合軍団に習って1990年代に創設された特殊作戦団【COS】の中の海軍特殊作戦グループである。フランス海軍には現在海軍コマンドー、コマンドー・ユベール、海上対テロ部隊GCMC、水中作戦介入分遣隊DINOPSなどの海軍特殊部隊が存在している。

 【Kommando Spezialkräfte】

 ドイツ・バーテン・ヴュルテンベルク州(Baden-Württemberg)に本部を置く、特殊部隊コマンド(KSK)は1995年に結成され、テロ対策や避難・救助、を目的に比較的最近創設された特殊部隊。

主な任務はドイツ国民が海外での紛争など生命の危機にさらされた場合に保護・救出する事が主な任務である。

 【Grenzschutzgruppe 9】

 Sankt Augustin·Hangelarに拠点を置くドイツの連邦警察(旧連邦)のテロ対策ユニット。第9国境警備隊(GSG-9)1972年のミュンヘン・オリンピックで起きたテロを教訓に作られた対テロ特殊部隊。、特殊部隊コマンド(KSK)は主に海外での任務を主にしているのに対し、第9国境警備隊(GSG-9)は連邦国境警備隊の部隊であるため海外での活動は法律で禁止されている、そのため活動はドイツ国内に限定している。

【GIGN】

 1974年に結成された仏国家憲兵隊治安介入部隊(Groupe d’intervention de la gendarmerie nationale)は、対テロ戦を担当する憲兵部隊。1973年、パリで発生したパレスチナゲリラによる「サウジアラビア大使館占拠事件」を教訓として創設された。GIGNには4つの15人編成グループで編成され、その他に支援グループと、人質交渉特別チームが存在する。

【SAS – Special Air Service】

英国特殊部隊SASは、「危険を冒す者が勝利する」をモットーに1941年の部隊結成から、現在まで数々の勝利を手にしてきた。

SASの始まりは第二次世界大戦中の1941年デーヴィッド・スターリング中佐により設立された特殊部隊空挺旅団L分遣隊がSASのスタート地点である。

【FBI Hostage Rescue Team】

アメリカ連邦捜査局に所属する人質対応部隊(Hostage Rescue Team 通称:FBI-HRT )
FBI-HRT はバージニア州クワンティコのFBI本部に所在している。各州自治体警察のSWATでは対応できない人質事件や国内テロに対応するため1982年に創設された。
FBI-HRT にはUH-60ブラックホーク戦術的輸送ヘリコプターなどを所有する戦術航空ユニットや船舶に突入する海上アサルトチームなど、高度な戦術、海上操作スキル、航空運用能力があります。

【Special Boat Service】

特殊舟艇部隊(SBS:Special Boat Service)はイギリス海兵隊の特殊部隊です。SBSの前身は1940年台の第二次世界大戦中にイギリスが結成した小規模特殊作戦部隊、特殊船艇班(Special Boat Section)にある。
SBSの主な任務は海上襲撃、沿岸偵察、情報収集、対海洋テロなどの活動も行う。SBSは現在200~250名程度所属している。

 

【Spetsnaz】

破壊活動と偵察に長けていたスペツナズ(Spetsnaz)の本来の任務はソ連主力部隊が西ヨーロッパに攻勢をかけるための準備工作を行う特殊部隊であった。『スペツナズ』という言葉はロシア語で『特殊任務部隊』を意味する略語である。なおスペツナズとは特定の部隊を指す単語ではなくロシア軍に属している特殊部隊全般を指す語として広く使われている。ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)や、ロシア連邦保安庁(FSB)、ロシア対外情報庁(SVR)にもそれぞれスペツナズが存在する。

【Légion étrangère】

フランス外人部隊は1831年に結成されたフランス陸軍所属の外国人の志願兵で構成される正規部隊である。外人部隊は現在100を超える国からの志願者を受け入れている。志願者はテストに合格すれば、最低5年の初期契約をフランス政府と交わすことになり、それ以後は、6ヶ月、1年、3年あるは5年の契約更新を行えます。採用資格は17歳から40歳の男性であること。 有効期限内の身分証明証を所持していることなど・・・

【Task Force 11】

タスク・フォース11(第11任務部隊:TF11)とは、2001年アメリカ同時多発テロをきっかけに編成された任務部隊である。チームは海軍SEALsと陸軍デルタ・フォースで構成され、世界最強の特殊部隊2つで編成されている。TF11第一の任務はアルカイダ組織幹部の捜索および逮捕でありその任務は組織解体まで続くだろう。任務は極秘だが、2002年3月に始まった『Operation Anaconda』に参加したことは知られている。

【COMSUBIN】

COMSUBIN(Comando subacquei ed incursori:Teseo Tesei)はイタリア海軍に所属する水中工作・奇襲攻撃部隊である。『Teseo Tesei』は第二次世界大戦中に人間魚雷を発明したイタリアの海軍士官の名にちなむ。COMSUBINの兵力は約200名であり、3つのグループに分かれている。奇襲作戦グループ(Gruppo Operativo Incursori)、水中作戦グループ(Gruppo Operativo Subacquei)、特殊船舶グループ(Gruppo Navale Speciale)である。

【Commando Hubert】

Commando Hubertは、1947年12月に設立されたフランス海軍歩兵コマンドー軍団(COFUSCO)の戦闘水泳部隊(combat swimmer unit)である。本来は水陸両用コマンドー部隊として創設されたが、19530年台前半に戦闘水泳部隊に転向した。部隊は、フランス海軍や諜報機関、主にDGSE(フランス対外諜報総局)を支援する海上特殊部隊である。現在の兵力は約80名からなり、2個中隊に分かれている。第1中隊は50名からの戦闘水泳隊員で構成されており、さらにA,B,C,D,の4班に分かれて活動している。

【16 Air Assault Brigade 】

第16航空強襲旅団 (16 Air Asslt Bde)はエセックス州コルチェスターに拠点を置く英国陸軍の精鋭部隊です。航空強襲歩兵と攻撃ヘリの組み合わせた機動力を誇る。陸上の機動力は『FV107 Scimitar』、『Land Rover Wolf』、空からの機動力は『WAH-64』に『Westland Lynx』『AgustaWestland AW101』『Chinook』『SA 330 Puma』など利用した戦術をとる。またこの旅団にとって重要なPathfinder Group(パスファインダー小隊)が偵察を行ってヘリの着陸地点やパラシュート部隊の着地地点の誘導など重要な任務を担当する。

【7 NL SBS 】

 オランダ特殊船艇隊第7小隊(7NL Special Boat Section)はイギリスSBSと非常に深い関係にあり、戦時にはイギリスの指揮下に入り、イギリスSBSの一員として行動することになります。兵力はわずか25人程で、そこから4~5チームに分かれている。主な任務は戦時中にはイギリス、オランダの上陸部隊の支援だが、それ以外に偵察・情報収集・奇襲攻撃など多岐に渡る任務を行う。

 

warningsentence-02