PPS M870 RAS Version

Remington M870 TOYGUN

● PPS AIRSOFTから発売されている『M870 RAS Version』を手に入れたので、紹介してみます。なお、例のごとく内部構造や試射に関するレビューはしていませんのであしからず・・・

● 価格が約25.000~30.000円程度で販売されている『M870 RAS Version』。梱包は非常に簡易的で、段ボールにも何も印刷されていない簡素な物で、箱を取って置こうとも思わないほです。内容物は本体に、2~3ページ程の説明書、カートシェル2個、専用アダプター。

● 金属製のフロントサイト。

● 金属製のマガジンキャップ。 外すとスプリングが出てきます。また外す時、また違う小さいスプリングパーツがあるので紛失しないように。

● フォアエンド部分。

● 『M870 RAS Version』の特徴のR.A.S.部分、アルミ製ですが表面処理が悪いせいか非常に安っぽく感じます。、

● 刻印入りのレシーバーは、アルミダイカスト?製でしょうか。 表面仕上げは個人的には悪くないように思えますが、キズも付きやすく、価格から考えると強度も期待できないため、乱暴に扱うと破損しやすいかもしれませんね。

● シリアルナンバーでしょうか?やたら長い。

● フィンガーチャンネル付きのM4グリップが付いていますが、成型跡のようなものがはっきりと付いてしまっているようなので、ここは違うものに交換したいところですね。 ちなみに電動ガンではないので、細身のリアルタイプです。

● ボルトは樹脂製で残念。

● ボルト(フォアエンド)を引いた所。

● 両側にQDスイベル用のポケットがあります。

● アルミ製のバッファーチューブ&リングですが、”いかにもおもちゃ”と言った感じの質感なので、塗装するか別なものに交換したいところ。

● 4ポジション対応で、VFCストック、VLTOR(実物)、MAGPUL PTS 、問題なく付きました。

● こちらは標準のCOLTタイプのエンハンスドストックだが、こちらもおまけみたいな出来栄えなので、ぜひとも交換したところ。

● MAGPUL CTRストックに交換してみました。

● せっかくレールが付いているので、『EOTech 512.A65』を載せてみる。

● 付属のカートシェルは蓄圧式カートで、タナカの蓄圧式カートを使用するショットガンにも使用可能。・・・って言うか単にこの『PPS M870』。 タナカのM870の機関部をほぼ丸ごとコピーした製品なので、使えて当然ですよね。

● 最後に・・・簡単に感想ですが、この『PPS M870』ですが、はっきり言って買わない方がいいでしょう。よっぽどのショットガン好きか、ご自分で改造及び修理ができる方以外は避けた方が無難だと思います。 自分も事前情報で周知していましたが、購入して1週間もしない内に機関部の折れた部品と思われる欠片が落ちてきました。その前にもカートシェルの給弾不良や、フォアエンドの引っ掛かりなど、製品として世に出していいのか?と思わせるほどのレベル。ある意味海外製品なので許されるレベルなのか?とも思ってしまいます。

自分が購入したのはセカンドロットと思われ、改良型とも謳われているようですが、どこを改良したのか?って思わずツッコミたくもなります。

機関部がダメなら鑑賞用としてどうなのか?・・・こちらもあまりお勧めできないかな~。 価格が安価なだけに仕方がないのですが、もう少しってところですね。レシーバーは良いのですが、それ以外のパーツの表面処理が明らかに安っぽく見えます。 (自分はこの後、塗装してリアルにする予定です。)

機関部、外装共にどちらにしても後から手が掛かる製品なので、面倒なのが嫌いな方は避けた方がいい製品でしょう。 

今回掲載した記事は、あくまでも管理人自身が製品を使用した感想です。掲載した記事には多くの間違いが含まれている可能性がありますので、このレビューを元に掲載されている商品を購入する際には、ご自身でも十分に調べた上での購入を強く勧めます。

« »

コメントは停止中です。