VFC MP5K PDW GBB

H&K Series MP5K PDW TOYGUN

● 『VFC MP5K PDW GBB』を購入してみたので紹介してみます。 すでに発売からかなり経過するため、いろんな方がレビューしているようなので、本格的レビューは他の方に任せて、今回も相変わらず中身のない簡単なレビューをしていますのであしからず・・・ :roll:

● ”H&K MP5K PDW”と言えば折り畳み式フォールディングストックが特徴的なコンパクトなサブマシンガンですよね。 初めて手にしたのは何十年も前の話、東京マルイ製のMP5K PDWでした。当時この銃をのカッコ良さに惹かれ、いつも手元に置いていた頃を思い出します。 今ではすっかりマルイ製MP5K PDWは物置の奥に・・・と、まぁ思い出話はこのぐらいにして本題に・・・

● ”MP5K”には無いマズル部分、Navyフラッシュハイダー用のマズルです。

● ”MP5K”の特徴的なフォアグリップは握りやすくカッコイイですね。

● マガジンハウジング部分、マルイ製電動ガンはこの部分がモナカ構造だったためフレームに隙間ができるなどの問題があったが、”VFC MP5K PDW GBB”はスチールプレスで制作されているのでその心配は皆無。

● 実銃同様「Maid in W-Germany
HK Chantilly VA.」も刻印されています。

● A4タイプのロアフレーム、バースト機構はありません。セレクターはクリック感もあり問題ないかな。他社のMP5シリーズ電動ガンなんかは、決められたセレクター位置に止まらず回り過ぎたりなんて言うトラブルもあったりするが、GBBだけにそれはないか・・・ (セーフティ側には強く回すと半周回ってしまうようです。)

● 電動ガンではないのでマルイ製よりはかなり細身でしょうか。

● 「Licensed Trademark of Heckler &Koch GmbH」これは無い方がよかったが・・・

● スチールプたレスにて制作されマガジン。

● ガスの注入口は底部にあります。

● リアサイトもスチール製でリアルですね。回した時のクリック感もしっかりあります。

● フォールディングストックには、しっかり”Hkマーク”も入っていていいですね。メーカーによってはここが何も入っていなかったり、オリジナルの物もあったりと少々残念な物もありますが・・・

● スチールプレスで制作されたレシーバーは、やっぱりリアルでイイすよね~・・・あっ、そういえばレシーバー上部にある刻印撮り忘れました。 マニアの方には結構重要なんですよね・・・説明だけで申し訳ないのですが、「HK MP5K」、「64-12309」、「Proof mark」 と、リアルに入っているんじゃないかと思いますが・・・ :-?

● 最後に・・・簡単に感想ですが、スチールプレスで制作されたアッパーレシーバーや、多くのスチールパーツによって剛性は非常に高く、各所ガタツキは皆無。質感も最高にリアルで申し分ない出来です。”本物”に拘れば少々残念な箇所もありますが、どんなに拘ってカスタムしたとしても所詮中身は”おもちゃ”。トイガンレベルと言うことなら十分すぎるクオリティの製品だと思います。

今回掲載した記事は、あくまでも管理人自身が製品を使用した感想です。掲載した記事には多くの間違いが含まれている可能性がありますので、このレビューを元に掲載されている商品を購入する際には、ご自身でも十分に調べた上での購入を強く勧めます。

« »

コメントは停止中です。