VFC Colt Mk18Mod1 GBBR

M4 Series MK18 Mod1 TOYGUN

● VFCから発売されている『Colt Mk18Mod1 GBBR DX』を購入したので簡単ですが見てみます。 なお、機関部及び、射撃に関してのレビューは一切ありません。

● ”2015年バージョン DX版”とのことで、生産工程から見直され、よりリアルになった『Mk18Mod1 GBBR』とのことですが、なにぶん旧製品を持っていないので、良くわかりませんが、クオリティはかなり高く、さすがVFCと思わせる出来です。

● KAC Type スチールハイダー(14mm逆ネジ)

● KAC Type フォールディングフロントサイト

● DanielDefenseライセンスドRIS-Ⅱハンドガード FEDカラーです。

● レシーバー&ハンドガード結合部分。

● COLTライセンスドアルミレシーバー

● セレクターレバーはチャージングハンドルを引き、ハンマーを起こさないとSAFE位置に入らないリアルな作り。

● シリアルナンバー&Coltマークライセンスを取得したアルミレシーバー。

● ボルトキャリアは金属ですが、スチールではないようです。

● セレクターインジケーターはGBBRですから当然ライブですね。 上に見えるフォアードアシストノブはスチール製です。

● バッファチューブはリアルサイズの”リアルサイズV2ストックパイプ”

 ● LMT Type のストックですがパテントナンバーは無いようですね。

● LMT刻印もありません。

● 今回『VFC Colt Mk18Mod1 GBBR』用と言うわけではないのですが、一緒に購入した光学機器をちょこっと紹介。

● ホロサイトは『EOTech 512.A65』NVモード無のモデルになります。 最新ロットなので、バッテリーケース部分には”EOTech”のロゴはありませんね。

   

● 『SUREFIRE M600V-A-BK VAMPIRE Scout light』レプリカではないので、そこそこな値段がしました。

● 150ルーメンのWhite LEDと120mWのIR(Infrared)が照射可能なM600Vウェポンライトです。

● 最後に感想ですが、言わずと知れたVFC製なので、あまり述べる事はないですが、外観に関してはトイガンレベルでは十分すぎる程のクオリティだと思います。特にDanielDefenseライセンスドRIS-Ⅱハンドガードは精度もよく綺麗で、FEDカラーは色味も良く、忠実に再現できているのではないかと思います。50.000円程でこのクオリティが手に入るのならかなりお買い得ですね。 :-)

今回掲載した記事は、あくまでも管理人自身が製品を使用した感想です。掲載した記事には多くの間違いが含まれている可能性がありますので、このレビューを元に掲載されている商品を購入する際には、ご自身でも十分に調べた上での購入を強く勧めます。

« »

コメントは停止中です。