SUREFIRE X300 ULTRA

Accessories TOYGUN

● 従来品のX300を上回る500ルーメン仕様になった《SUREFIRE X300 ULTRA》を入手したので簡単に紹介します。また、相変わらず上辺だけのレビューなので、(笑) 内部構造や、実践的使用に関するレビューは一切ありませんので予めご了承ください。m(_ _)m

YouYubeThe SureFire X300 Ultra video

● 『SUREFIRE X300 ULTRA』スペックは以下の通り。

 全長  98mm (ヘッド22mm)
 最大出力  500 lumens
 ボディ素材  エアログレードアルミニュウム合金
 ベゼル直径  250mm
 重量  約113g
 使用電池  CR123Aリチウム電池×2(同梱)

● 購入価格は約36.000円とやや高め、個人輸入や、もっと安い店で購入すれば¥28.000~(送料別)ぐらいで購入できる場合もあるようです。

● 内容物は本体に、CR123Aリチウム電池×2、各種レール用アタッチメント、説明書、LOCTITE(ネジゆるみ止め)、画像には写っていませんがその他にSUREFIREステッカーが付属しています。

● 重量は約113gと軽く、表面の塗装(処理)に触れるとザラザラとし、よくあるレプリカTANカラーのようにテカテカしておらず、非常にマットな仕上がりです。

● 今回は『ARES SR-25K』に取り付けるつもりなので、ついでに『SUREFIRE XT07 リモートスイッチ』も購入(購入価格¥17.000)

● 当たり前のことですが、実物同士のマッチングなので、特に問題無く合体します。ちなみに所有しているレプリカ(SUREFIRE X300)には付くには付くが、ヒンジ部分?が固かったりして多少難有りと言った所でしょうか…

● 『SUREFIRE XT07』テールキャップ?部分を取り付けると全長が120mm程になります。

● SUREFIRE XT07 リモートスイッチは、『SUREFIRE X300 ULTRA』だけではなくX200/ X300/ X400 系に取り付け可能です。

● SUREFIRE XT07 リモートスイッチは、プラグソケット下にトグルスイッチが装備されています。スイッチをOFFにすると本体側のクイックデタッチコネクタの操作を無効に出来ます。また、『SUREFIRE XT07』はプラグを外せば、❐『SUREFIRE シュアファイア SR09 リモートスイッチ』として他のウェポンライトにも使えるのでオススメです。

● ワンタッチでレイルに取り付け出来るレイルマウントスイッチには、押している間だけ点灯するプレッシャースイッチ(間欠点灯)と、常時点灯するコンスタントスイッチの2種類が備わっています。

《PR》

● 『ARES SR-25K』に早速付けてみましたが、これが尋常じゃない硬さで、一瞬「これ本物か?」と思うほどの硬さ、無論実物なので、疑うのは『ARES SR-25K』のレール(URX)部分と思い、他の銃のレイルで試したがどれも硬い、ならばと言うことで、唯一持っている実物レイル『A.R.M.S. S.I.R.』で試しても結果は同じ、どうやらこの『SUREFIRE X300 ULTRA』には”ならし“が必要のようで、シリコンスプレーなど潤滑剤を付けて何回もレールに通していたらなんとなく樹脂部分が削れたせいか、レイルに通るようになりました。

● 取り付けには難有りだったが、実際取り付けて見るとやっぱり”実物の存在感”はやっぱりイイものですね。安いトイガンもなんとなくリアルに見えたりもします。 :-)

● 以上でレビューは終わりますが、製品の品質や耐久性などレプリカじゃないので、特に何も述べることはないと思います。あの”SUREFIRE“ですからね。 :-D 最近では精巧なレプリカも数多く出ていますが、やっぱり何かしら不具合があるようなので、リアルウェポンライトを持っていない方はぜひ1つは所有してみることをオススメします。ただ、先も述べたようにレイルへの取り付けは驚くほど硬いので、注意が必要です。

SUREFIRE XT07 リモートスイッチはX200~400系は勿論ですが、プラグを外せばM952Vなどの他のウェポンライトにも対応しているので、❐『SUREFIRE SR09 リモートスイッチ』単体で購入するよりも両方使える”XT07をオススメします。ちなみにSUREFIRE XT07 リモートスイッチは手持ちのレプリカM952Vにも問題なく使えますが、レプリカによっては差し込みプラグがネジ式のプラグがあるので注意してください。(実物はネジ式ではありません。)


今回掲載した記事は、あくまでも管理人自身が製品を使用した感想です。掲載した記事には多くの間違いが含まれている可能性がありますので、このレビューを元に掲載されている商品を購入する際には、ご自身でも十分に調べた上での購入を強く勧めます。

« »

コメントは停止中です。