S&T M870 Stainless finish

Remington M870 TOYGUN

S&T M870 ミディアム リアルウッド エアーショットガン』の外装が、あまりリアルではなかったので少し手を入れて『Stainless finish』”風”にしてみました。

● せっかくフルメタルなので、おもいきって塗装を削ってみましたが、結果は非常に満足いく仕上がりとなりました。

● 番手が小さい耐水ペーパー粗目(150)~極細(1200)を使用し、最後に金属みがき(ピカール)を使い気合を入れて仕上げてみました。予想以上にいい仕上がりとなりました。

● バレル部分は磨き方向に気を付け、”ステンレス製ヘアライン表面仕上げのような”感じになるように磨いて見ました。 :-)

● レシーバー表面は”使いこなした感”を出したかったので、あえて表面をピカピカにせず磨きキズを少し残すように仕上げています。

● リアルウッドと相まって、パッと見14.000円(購入価格)に見えない外装になったんじゃないでしょうか?

● 購入当初、個人的にあまりリアルには思えない外装を、塗装などでリアルにする事を考えていましたが、逆の発想で塗装ではなく”磨き”によってステンレスモデルへと変えてみました。作業時間はおおよそ2~3時間ぐらいでしょうか(途中何度も休憩有り)、ハッキリ言って気合と労力が必要な作業なので、もうやりたくはありません。 :lol:  『S&T M870 ミディアム リアルウッド エアーショットガン』を所有している方はどうでしょうか…ただしホワイトマーキングはすべて綺麗に消えて無くなりますよ。 ;-)

また、飽きたらここから好みの色に塗装してしまえばいいのでオススメですよ。それではまたm(_ _)m

今回掲載した記事は、あくまでも管理人自身が製品を使用した感想です。掲載した記事には多くの間違いが含まれている可能性がありますので、このレビューを元に掲載されている商品を購入する際には、ご自身でも十分に調べた上での購入を強く勧めます。

« »

コメントは停止中です。