S&T M870

Remington M870 TOYGUN

S&T M870 ミディアム リアルウッド エアーショットガン』を購入してみました。

● メーカー希望小売価格:18.000円 購入価格は¥14.000程。ポンプアクションエアーコッキングで、単発発射。リアルなライブシェル方式ではなくマガジン式ですが、フルメタル/リアルウッド(高級ブナ材使用)質感は良。

● マガジンチューブ先端の金属製キャップを外すと予備のショットシェルなど入れる事ができるが、そもそもマガジン式なので関係ないか…

● フォアエンドはリアルウッド採用でリアルなのだが、初めて手にした時は正直プラ製に思えたのはなぜだろう…?(仕上げが綺麗すぎるせいか?)

● 価格相応なホワイトマーキング仕様。『Remington Model 870』とは入っているが、正直あまりカッコいいとは思えない。個人的に、これなら刻印は無い方がよっぽど良いと思うが。

● アウターバレルにも…

● 反対側。

● エジェクションポート右下に見えるはメーカーの刻印です。これこそいらん! :-x

● 専用マガジンはプラ製で22発入るそうです。自分が購入したShopでは初回特典であと2つマガジンが付いてました。

● ストックも当然リアルウッドで、チェッカリング加工もなかなか綺麗ですよ。

● 今回あまりの安さについ手が出てしまった『S&T M870 ミディアム リアルウッド エアーショットガン』ライブシェル方式などと比べると、マガジン式なのでそれほどリアルなアクションは望めないが、フルメタル&リアルウッド仕様で、実質販売価格¥10.000(ソードオフ)~16.000円(ロング)程と、用途によっては十分”買い”な1本ではないでしょうか。

ただ、『撃って遊ぶ』には少し物足りない製品です。マルゼンなどのライブシェルショットガンとは、そもそも発射方式が違うので、比べ物になりませんが、同じエアーコッキング方式のマルイ製品(M3,SPAS12)などと比べても、本製品(S&T)は単発発射に対し、マルイ製(M3,SPAS12)は3発同時発射と迫力が違います。しかもマルイ製の(M3,SPAS12)はショットシェル型マガジンなので、アクションもリアル。同じエアーコッキング方式で単に『撃って遊ぶ』だけならマルイ製がオススメでしょうかね。 それではまたm(_ _)m

今回掲載した記事は、あくまでも管理人自身が製品を使用した感想です。掲載した記事には多くの間違いが含まれている可能性がありますので、このレビューを元に掲載されている商品を購入する際には、ご自身でも十分に調べた上での購入を強く勧めます。

« »

コメントは停止中です。