S.T.R.I.K.E.7 Gaming Keyboard

PC-Accessories

2012年11月23日に発売された『S.T.R.I.K.E.7 Gaming Keyboard』を紹介します。

● まずは外箱、価格だけに外装もしっかりとした作り、一見するとキーボードが入っているとは思えない感じです。

● 箱を開けると3段になって梱包物が入っています。

● キーボードなのにこんなに同梱物(パーツ)が多いものは初めてです。 ● 簡単に見れる絵で見るマニュアルみたいな物も入っています。この他にも取り扱い説明書はありますが、すべて英語です。
access-020
● 1つ1つを出してみると、こんな感じで7つのモジュールで構成されています。
● 合体! :-D ● 各パームレストは約3cm程前後する。
● V.E.N.O.M TFTディスプレイ タッチパネルセンサー内蔵のメインモジュール。センサーの感度はなかなか良いですね。 ;-) ● 背面にはスタンドが付いているので自立することも可能。
● ステー&スタンド部分はネジで止まっています。 ● 背面にはUSB端子が2つ見えます。
● 各モジュールは専用のコードによって連結させていきます。
● 『Main Keyboard』。 英語レイアウトのキーボードです。 ● スペースキーは大きめで、形もカッコいいですね。
● キーボード背面には金属プレートが採用されているので強度はバッチリ! ● 高さ調整のためのスタンドも金属なのもGood! 標準的なプラスチックのスタンドは結構折れてしまった経験を持つのでこの金属スタンドはありがたい。
● 『NumPad』特徴はカスタム設定できるC1~C5のボタンがある。 ● メインキーボードを外し、『NumPad』を利用したこんな使い方も可能です。
● 『Active Palm Rest』この画像だけ見るとパームレストには見えないが・・・ ● 少し気になったのが、背面の取り付け部分。よくあるパームレストを取り外せるタイプと同様、接合部分はプラスチックなので、雑に扱うと折れる可能性あり。 :-?
● 角度調整機能に、カスタム設定出来るボタンと『R.A.T.9』にもあるダイヤルも装備されている。
● 以外に便利なダイヤルとターゲットボタンみたいな赤いボタンがあります。 ● 矢印は角度調整するためのロックボタン。
● 内容物にはこんなケースも・・・ ● ケース内には交換用キートップとそれを簡単に外せる専用工具が入っています。
● 専用工具を使ってキートップを外します。 ● せっかくなのでゴム付きキーに交換してみました。
● 窪みの入ったキーと組み合わせてもいいかも。 ● キーボード左側に来る『Function Strip』当然カスタマイズ可能です。
● 『V.E.N.O.M. TFT-LCD Touchscreen』はACアダプターによる給電が必要なので、PCを起動していなくても使用可能だが、やはり単体では時計とかストップウォッチぐらいで、たいした使い道はない? メモ機能も使えますが、日本語には対応していません。
● 『V.E.N.O.M. TFT-LCD Touchscreen』の液晶には12個のアイコンが並んでいる。 ● 『Smart Technology Profile Editor』の設定画面。日本語表記にも対応しているので安心です。
● 『LAUNCHER』のカスタマイズ例。 ● 『Smart Technology Profile Editor』から、こんな感じで設定していく。
● 『WINDOWS』キーのロックもこんな感じで設定。 ● ロックしました。
● 各ボタンのカスタマイズ設定も、こんな感じで分かりやい。 ● 『Active Palm Rest』も設定。
● 最後に、LEDイルミネーションは約16万色から設定できます。はっきり言ってそんなにはいらないですが、この過剰装備とも言えるのが『S.T.R.I.K.E.7 Gaming Keyboard』と特徴なんでしょうね。

R.A.T.9に続き、すっかりMad Catzの「Cyborg」シリーズのカッコ良さにハマってしまい、購入した『S.T.R.I.K.E.7 Gaming Keyboard』購入価格が29.800と、キーボードとしてはかなり高価な部類になると思うので、購入には躊躇する人も多いと思います。自身も以前は『Logicool』製品で揃えていて、せいぜい高くても13.000円程度(G15 Gaming Keyboard)なので、今回の『S.T.R.I.K.E.7』はかなり個人的にも高価なキーボードとなりました。

今回『S.T.R.I.K.E.7 Gaming Keyboard』は、無論ゲーム向けキーボードとなる訳ですが、私自身特にゲーム用として購入した訳でもないので、ゲーム向けの感想はあえて控えさせていただきます。

では、なぜこんな高価なキーボードを購入したかと言うと、それは単に『カッコいいから』と言う他愛もない理由だけですが、実際ゲーム用途以外に使いやすいキーボードなのか?と聞かれますと、キーピッチが広いため打ち間違えは少ないと思います、やはりこの辺はゲーム向けキーボードってことでしょうか・・・ただ、キーピッチが広い分、逆にキートップの面積は狭くなるため、個人的にはタイピング向きではないように思えます。 (ただこれは人それぞれ好みの問題があるので、なんとも言えませんが・・・ :-? ) また、変換を多用する日本語には、『Enterキー』が狭いのでこれもまた、不便さを覚えます。

タイピング重視だと打鍵感(キータッチ)も重要になりますが、メカニカルキーボードではないので、爽快な押し心地はあまり感じません。キーは軽くもなく、重くもなく・・・普通??・・・レビューにならないですが、特に可もなく不可もなくと言った感じです。メンブレンスイッチなのでこんな物でしょうね。同じメンブレンスイッチなら、以前使用していた『Anker Multi-function Backlit Keyboard for Windows』の方が安いキーボードだが、打ちやすかったですね。

タイピングにはあまり向いてないかもしれない『S.T.R.I.K.E.7 Gaming Keyboard』ですが、実際使ってみて価格なりの価値はあると思います。製品はメカニカルキースイッチでもなく、よくあるメンブレンスイッチで安価に作られていますが、製品全体で見れば非常によく作られていて、各所耐久性もそこそこあるように思う。なにより余計とも思える程の過剰装備で、メカニカルな所は使っていてワクワクさせてくれるので個人的にVery good!です。 :-D

S.T.R.I.K.E.7 Gaming Keyboard』は奥行きが『V.E.N.O.M. TFT-LCD Touchscreen』と『Active Palm Rest』部分を合わせると約30cmほどあるので、設置場所を多く取られるのがネックです。自身の環境では少しだけ、デスクからはみ出てしまうため、『V.E.N.O.M. TFT-LCD Touchscreen』部分を取り外し、一段上のディスプレイスタンドにステーを自作して取り付けてあります。 購入を考えている人はまず設置場所を考える必要があるでしょう。

多少の誤差はありますが、大体こんなサイズになります。以前使用していてた『G15 Gaming Keyboard』でも奥行きが、パームレストを入れても260mm程度、幅が490mあります。『G15』もかなり大きい部類だと思いますが、さらに一回り大きいサイズになるので、設置場所の確保が必要になるでしょう。 PCモニターをディスプレイアームなどを利用してデスクの領域を確保する方法も考えたほうがいいかもしれませんね。

今回『S.T.R.I.K.E.7 Gaming Keyboard』と以前購入した『R.A.T. 9』を、普段使うPCとゲーム用PCの両機で使用するため「キーボード&マウス用パソコン切替器」なるものを購入。問題なく使用できます。

 最後に『S.T.R.I.K.E.7 Gaming Keyboard』を使用する場合は、専用ドライバとソフトウェア両方のファイルをダウンロード&インストールする必要があります。

« »

コメントは停止中です。