VFC G36C

G36C H&K Series TOYGUN

g36-23

g36-33

● VFC製 GBB G36Cのレビュー

g36-03

g36-01 g36-24
● まずは外箱から『NO COMPROMISE』(妥協しない)の文字が大きく印刷されています。VFC(メーカー名)の文字はどこにもなく一見するとVFC製かどうかも分りません。 ちなみにこのパッケージはUMAREX製『G36 CV』と同じだそうです。 製造・発売はVFCで、販売元はUMAREXってことなんでしょうかね・・・? まぁ、その辺のことはよく分んないので置いといて・・・  ● 箱を開けるとこんな感じ・・・まぁ、”おもちゃ”って感じですね。
g36-02 g36-05
● 同梱物はマガジンにBBローダー、取り扱い説明書が入っています。ちなみに説明書はすべて英文です。  ● では、フロント部分から見ていきます。
g36-05a g36-06
● フラッシュハイダー、アウターバレルなど、金属製です。 特にフラッシュハイダーはスチール製で質感も良くGood!  ● ハンドガード部分はガタもなく、持った時のきしみ音もなくしっかりとした作りです。(VFC G36 フォアアーム20mmトライレイルセットは別売りです。)
g36-07 g36-08
● レイル部分は樹脂製で、成型跡みたいのがちょっと気になります。 ● リアサイトも可動部分は金属製です。
g36-09 g36-10
● 個人的には非常に需要な刻印部分です。余分な刻印もなくリアルです。 ● イジェクションポート側の刻印です。3つに分かれて刻印されている部分は実銃同様にリアルなのですが・・・!?
g36-11 g36-12
● 残念な部分が・・・〔Cal. 6mm BB〕 あぁ、”妥協しちゃった”なって感じですね。 厳密に言えばその横の刻印もおそらく違うと思いますが・・・ ● GBBと言うことでチャージングハンドルも、実銃どおりに作動します。東京マルイのG36Cではハンドルは左右で固定して止めることが出来なかったのですが、【VFC G36C】ではちゃんと固定できます。 チャージングハンドルを引くとHOPの調整が出来ます。
g36-13 g36-14
● グリップ部分はGBBなので、モーターが入らない分リアルな細さです。 ● セレクターレバーは、「カチッ、カチッ」と少し固めな感じですが、確実に可動する感じです。
g36-15 g36-17
● 折りたたみストックの可動ヒンジ部分、ほとんど樹脂パーツですが、ガッチリして剛性は高そうです。 ● ストックはイジェクションポート側に折りたたむことが出来ます。
g36-18 g36-20
● 実銃同様のテイクダウンも簡単に出来ます。 ● シースルータイプのマガジンも標準装備です。 ただ・・・よく見るとあまりリアルではないので、マガジンについてはまた後日、分解して少しリアルにしてみたいと思います。

g36-22

● お気に入りのVFC製品だけあって、期待を裏切らない作りになっています。価格も実売¥2万円台で購入できることを考えると、かなりお得な製品ではないでしょうか。

« »

コメントは停止中です。