Razer Vespula

PC-Accessories

Amazon.co.jp での評価が高い『Razer Vespula』を購入してみました。

定価が¥3.800もするマウスパッドは外装もしっかりしたものです。

外装はさておき肝心な中身ですが、このマウスパッドはマウスをスピーディーに動かすための「Speed」面、精密な操作重視の「Control」面という、両面仕様のゲーミングマウスパッドです。無論ゲーム以外の用途でも使い勝手の良い製品です。

画像がちょっと鮮明ではなく申し訳ないのですが、こちらの面が正確なコントロールに向いている「Control」面。表面は”スベスベ”でしています。

こちらはスピード重視の「Speed」面です。表面が「Control」面と比べると”ザラザラ”としていいます。単に表面が”ボコボコ”していて、マウスとの接地面が少なくなり抵抗が減るため滑りやすいと言うことでしょうか・・・

Razer Vespula』はこのようにリストレスト部分とパッド部分が分離できるようになっています。リストレストは手首が固定されてしまうため、以上の人向けですかね、マウスの移動範囲が多いタイプの人は、リストレストを外してパッド部分だけで使用した方が操作しやすいと思います。

ちなみに矢印の部分はシリコン素材のすべり止めとなっています。リストレスト部分を外して使用してマウスパッドがすべらないようになっています。(リストレスト裏(シート部分)はゴム引布みたいな素材で、こちらも滑らない素材になってます。)

マウスパッドとしては高価な『Razer Vespula』、今までゲーム用には『SteelSeries QcK + マウスパッド63003』を使用していますが、この『Razer Vespula』は「Speed」面よりも多少の抵抗がある「Control」面でも『SteelSeries QcK + マウスパッド63003』よりも抵抗が少ないような気がします。とにかく”軽い”マウス操作が好きな人にはオススメ出来る製品です。

個人的には『SteelSeries QcK + マウスパッド63003』も十分満足行くマウスマットと思ってきましたが、この『Razer Vespula』はその上を行く?・・・かどうかは分かりませんが、好みのマウスパッドですね

ただサイズが、320 mm x 260 mmもあるので、デスクの上にある程度の余裕がないとちょっとこのマウスパッドは置けませんね、購入を考えてる人はまずデスクの上を整理しましょう(笑

専門的なコメントはできませんが、簡単に言うと、とにかく”マウス操作が軽い”ので、ゲーム用途にも勿論、それ以外でのパソコンライフを楽しむにもオススメですよ。

マウスの感度
180度を何cmで振り向くことができるかを指標にしてハイかローを判定します。:一般的にマウスの移動距離が短く、カーソルの移動距離が長いのがハイセンシと言われています。
180度を何cmで振り向くことができるかを指標にしてハイかローを判定します。:マウスの移動距離が長く、カーソルの移動距離が短いのがローセンシと言われています。

« »

コメントは停止中です。