SR-47 image+change

KAC SR-47 TOYGUN

HurricanE のコンバージョンキットを利用して制作したKnight`s SR-47ですが、そのフレームの大きさからか、全体のバランスが悪く、”珍しい銃”ではあるが、正直あまりぱっとしない感じの『Knight`s SR-47』。今回イメージチェンジを行い、個人的にはかなりいい感じになったので紹介させてください。

今回イメージチェンジしたSR-47。ハンドガードとマガジンを変更してみました。

使用したパーツは『URX3 レイルハンドガード12.5インチ』当然レプリカですけど・・・購入価格は約¥9.000ほど。

● メーカーは不明ですね・・・専用レンチに各種ハンドガードパネルが付属しています。 ● 本体はアルミCNC加工品だそうですが、レプリカなのでそれほど期待しないように・・・
● HurricanE のコンバージョンキット付属のRASと交換します。 ● 当然ですが、仮止めするとこんな感じで丁度いい感じでは止まってくれません。
● フレームに当たる部分を削りたいと思います。 ● ヤスリを使い少しづつ調整しながら削ります。
● キッチリと隙間なく調整できました。 ● 調整できたらこんな感じで付属しているレンチを使い締めていきます。
● こんな感じに付きました。取り付けにはすり合わせの調整時間を含めても15分ぐらいで終わりました。ガタツキもなくガッチリと固定されています。

SR-47のフレームにはこのぐらいの長さのあるレイルハンドガードが似合います。

アウターバレルはコンバージョンキット付属のモノ。

実物と同じかどうか分かりませんが刻印入ってます。

リアサイト及びグリップは今後変更予定。

今回SR-47に付けるつもりで同時に購入した『Magpul PTS US PALM® AK30 Airsoft Magazine』各社AKシリーズ電動ガンには装着可能なのですが、マガジンハウス部分があるSR-47にはリブの部分のカットなどの加工が必要です。

一見するとなにもしてないように見えますが、リブの部分を一升分カットしています。カットするのは結構手間が掛かる作業になるので、あまりオススメできませんが、見た目のインパクトが大きいので、気合のある方はどうぞ。

今回『URX3 レイルハンドガード』を装着したことで、バランスがよくなり個人的にはかなり満足いく形になりました。あともう一歩と言った感じなので、またなにか変更したら更新します。

« »

コメントは停止中です。