VFC HK416 GBBR

H&K Series HK416D GBBR TOYGUN

vh-000a

● H&K社の商標を管理するUMAREX社の公認により製作されたVFC製HK416 GBBRを簡単に紹介します。例によって内部及び機関部などのレビュー、またはBB弾試射に関しての記事は一切ないのでご了承ください。

● 例によってG36と同じ箱です・・・なんか代わり映えしない外装にテンションが上がらないのは自分だけでしょうか・・・^^;付属品はBBローダー、HOPアジャストレンチ、マニュアル(英語)の3点のみ。 ● まずはフラッシュハイダー&アウターバレル共にスチール製で質感はGood! 。アウターバレルは2ピースとなっているのでショートモデル化にも対応? ただしインナーバレルは『D145RS』用なのでショート化する場合は 『D10RS』用のインナーバレルを用意しないとならないでしょう。 
● 電動ガンの『FVC HK416D DX』にはデラックスモデルだけあってフロントサイトも、(固定・可倒式)の2種類が付属していましたが、こちらは固定式の1種類のみ。 ● レールにはガイドナンバーがトップにだけ入っているが、よく見ると刻印の位置が若干ずれているのがわかる(この写真ではわかりづらいですが)・・・ちょっと残念ですね。 (個体差もあると思います。) 
● 正式ライセンスによりフル刻印が施されています。  ● セレクターレバーはポリマー製です。ちなみにハンマーがコック状態じゃなくても多少の負荷はありますがSAFEの位置に入ります。

● HK刻印入りのボルトキャリアは亜鉛ダイキャスト製です。

● ポリマー製のダストカバーを閉じると、またしても「cal. 6mm BB」の印字が・・・これって入れる必要あるのか? まぁ、常時ダストカバーを開けた状態にしておけばいいだけなんですけどね・・・  ● HK416の独特のバトルグリップ。底蓋は90度ひねると外れ電池などの小物入れになっています。
● 非常によく出来た感じのするリアサイト。  ● 特徴的なストックはすべての部位がポリマー製です。
● バット部分は90度回すとと外れます。中には電池が収納できるようになっています。 ● VFC特有の2ピース構造のマガジンになります。ガスの注入口は底部になります。また、マガジン装着時は、ガタツキ防止の為か非常にタイトな作りなので、スムーズなマガジンチェンジはちょっと無理かなぁ・・・? 

« »

コメントは停止中です。