UMP Impression Part .2

H&K Series HK UMP TOYGUN

su-016

su-020

● 今回はメインフレーム(ボディ)部分を観ることにします。 (※これからのレビューは実際に実物と比較した訳ではないので、管理人の主観での意見・感想になりますので、ご了承ください。)

su-011

● エジェクション・ポートはチャージングハンドルと連動して開くことができます。

su-012

● 今となっては当たり前の機能ですが、モデルチェンジ前の物は連動してなかったようです。(実際に確かめた訳ではないので間違っていたらゴメンナサイ)

su-013

● 鑑賞派には重要な刻印部分。 赤枠で囲った部分に<Starairsoft VA=STAR AIRSOFT>の文字がさりげなくあります。本来ならこの部分は<Sterling VA>? それ以外の刻印も実際に実物を確かめた訳ではないので合っているか不明ですが、おかしな刻印は赤枠の所だけのようです。それでもこのぐらいなら妥協できる範囲でしょうか。

su-015

● モデルチェンジした製品にはダミーピンも再現してあり、リアルです。 後方に見えるセレクターレバーは残念なことにクリック感はなく、位置が分りづら いです。ただそれはSAFE位置から下に下げていった時だけで、逆にフルオート位置から上げてきた場合はなぜか「カチカチッ」とクリック感が得られます。 個体差にもよるのでしょうか?

su-014

● サイティング時の距離の変更(可動)はできます。

su-003

● 今回はメインフレーム(ボディ)部分をさっと観てみましたが、個人的意見・感想としては樹脂パーツを見る限り、成型後の処理、製品のクオリ ティーは同じ樹脂パーツを多く使ったH&Kシリーズを発売している東京マルイの製品と比較すると、マルイの製品の方が仕上げも丁寧で、質感も断然 に上です。「購入するならマルイ製を!」と言いたいところですが、ご存知の通り<UMP>は現在STAR/ARESと、G&Gぐらいしか選択の余地がないので、そこが残念なところなのですが・・・

次回はストック、マガジン及び、全体の総合評価でもしたいと思いますので、購入の予定がある人はぜひ参考にしてみてください。

※ BLOG,HPに掲載している製品の評価は、あくまでも管理人個人の意見・感想です。

« »

コメントは停止中です。